SonicBoard シリーズ

SonicBoard シリーズ

Braveridgeでは、Bluetooth®︎ Low EnergyやLTE-M、GPSやSigfox、Wi-Fiなどの各通信モジュールに対応した新開発ボード「SonicBoard」をシリーズ化し順次発売します。

■新開発ボード「SonicBoard」シリーズ

各SonicBoardには、基本的な周辺機能(ボタンやLED、充電回路やUSBインターフェース等)が組み込まれています。各種SoCチップの全ての入出力ポートを自由に利用でき、ユーザー自身が選んだセンサーボード等の外付け機能部をSonicBoardの入出力ポートに接続するだけで基本回路が完成します。基板の試作が完成する前に、すぐにソフトウェア開発者が開発着手できるよう工夫されています。
また、各ボードを動作させるためのリファレンスソースコードも開示していく予定です。

■SonicBoardの回路図を公開

Braveridgeは、これら各SonicBoardの回路図を、電子CADソフトQuadceptで編集可能なプロジェクトファイル形式で公開します。
ユーザーは、SonicBoardとセンサーボードとをテストで繋いだ実配線をそのままQuadceptの回路図に反映させるだけでユーザー独自の回路図を完成させることができます。使わない回路は、回路図から削除。これで回路図は完成し、すぐに基板レイアウトを開始できます。

■通信デバイス開発期間を大幅に短縮、開発費を抑制

SonicBoardと電子CADソフトQuadceptを使うことでIoTデバイス開発における電気回路基板設計を、リファレンスファームウェアを使うことでファームウェア設計を、あわせて通信デバイス開発期間を大幅に短縮、開発費を抑制することが可能になります。

 

Braveridgeが先日発表した新感覚IoTプラットフォーム「BraveGATE(ブレイブゲート)」がクラウドIoTシステム全体の開発期間を短縮するプラットフォームとするならば、Quadceptプロジェクトファイル公開と新開発ボード「SonicBoard(ソニックボード)」はIoTシステム開発におけるハードウェアの開発期間を短縮するプラットフォームといえます。

株式会社Braveridge 本社
〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
Google マップでみる