GNSSモジュール BVMGPS5605S

GNSSモジュール BVMGPS5605S

「BVMGPS5605S」は、ソニーセミコンダクタソリューションズ製GNSS受信LSI「CXD5605GF」を搭載し、業界最小レベルの低消費電力動作を実現したマルチGNSS受信モジュールです。
安定した高受信感度を実現すべく、1.575GHz-SAWフィルタと外付けLNAを内蔵。プログラムFLASHも内蔵しています。また、Braveridge独自の電源ノイズ耐性を向上させるノウハウも導入した最新設計モジュールです。
外部パッシブアンテナ(50Ω)を繋ぎ、Host CPUからのコマンド操作(UART/I2C)で、業界最高クラスのGNSS受信性能をすぐに実感できます。

IoTデバイスの「位置情報センシング」は、これから非常に利用価値の高いセンサー情報です。一方、現状では、バッテリー駆動時の消費電力が非常に大きく、バッテリー動作可能時間を制限してきました。
今回開発した「BVMGPS5605S」の測位時消費電力は従来の他社製品の約1/2(当社比較)に抑えられ、動作可能時間の延長に大きく貢献します。

加えて、11.0mm x 7.5mm、82.5mm2の省スペース設計。見守りデバイスやウェアラブルデバイス、モニタリングデバイス、ヘルスケア製品、スマートウォッチ、デジタルカメラや、ドライブレコーダーなどアフターマーケットの車載アクセサリー、などの用途に適しています。

●サ イ ズ: W 11.0mm x D 7.5mm x H 1.85mm
●対応衛星: GPS, GLONASS, SBAS, QZSS, BeiDou, Galileo
●動作電圧:1.71 ~ 1.89V
●アンテナ:アンテナ外付け
●ホストインターフェース:I2C, UART
●内蔵NVMemory:8Mbit
●外付けFLASH ROMインターフェース
 ※8Mbit NV Memoryを内蔵していますが、外部FLASHブートも可能
●本体重量:約0.2g
●鉛フリー

株式会社Braveridge 本社
〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
Google マップでみる