Sigfoxモジュール BVMSGF923SS

Sigfoxモジュール BVMSGF923SS

BVMSGF923SSImg24811_a

Sigfoxモジュール「BVMSGF923SS」は、STMicroelectronicsのRFトランシーバ「S2-LPQTR」を搭載した超低消費電力のSigfoxモデムモジュールです。
※ 本モジュールを搭載した新開発ボードSonicBoard Sigfox「FBV-EVK-SGF923SS」はこちら
インターフェースはUARTを採用しており、ユーザーの使用するMCUで容易に制御し開発することができます。また、電波法、および、最新のSigfox Verified RC3c P1認証を取得しているため、将来的にも安心してSigfoxデバイスの開発と製造が可能です。

Sigfoxは、LPWA(Low Power Wide Area)と呼ばれるIoT/M2Mに適した省電力広域無線通信の一つで、免許不要な920MHz帯域を利用する、低価格・低消費電力・長距離伝送を特長とした通信方式。頻繁なデータ送信をさほど必要としない、小容量のセンサーデータの収集に適しており、通信コストが非常に安価な特徴があります。

Braveridgeでは、920MHz帯のLPWAであるSigfoxや、セルラー系LPWAのLTE-M、Bluetooth®️ Low Energyなど、IoT向け通信に幅広く取り組み、用途に応じた使い分け、選択肢の提案を行っています。

  • STMicroelectronics製RFトランシーバ「S2-LPQTR」搭載 920MHz帯Sigfoxモデムモジュール
  • Sigfox Verified RC3c P1認証・電波法認証 取得済
  • 周波数: 923.20MHz(uplink) 922.20MHz(downlink)
  • 送信電力(端子出力): Software control : +9dBm
  • 動作電圧: 1.8 ~ 3.6v (Typ:3.0V)
  • メインクロック周波数: 50MHz
  • サブクロック周波数 : 32.768kHz
  • アンテナ: 外部アンテナ
    (日本電波法にて認証済みの各種アンテナが使用可能です。詳細はお問い合わせください。)
  • ホストインターフェース: UART(4pin)
  • ファームウェア書き込み : SEGGER Port(2pin)
  • Reset Pin(1pin)
  • サイズ: W: 11.0mmx D: 15.0 mmx H: 2.3mm
  • 鉛フリー
株式会社Braveridge 本社
〒819-0373 福岡県福岡市西区周船寺3-27-2
Google マップでみる